ファインワーク FINE WORK

NEW!s

ニュース

12.14

ファインワークの実績紹介にカードページを追加

ファインワークの実績紹介にカードページを追加しました。
名刺・ポストカード・チケット類などなど、カードカテゴリーに属するものを紹介していきます。

《 カード実績紹介ページはこちら 》

カード類の中でも名刺は、今までたくさんの方の名刺をつくらせてもらてるなぁ〜と感慨にふけってしまって、一向に整理が進みません。けっしてジャマくさいわけではないですぅ〜、いろんな方々にお世話になって、FINE WORKの今日があるんだと感慨にふけってしまうのです!

名刺に対する考え方は人それぞれあると思うのですが、つくり手としては、その人の顔をつくらせてもらってるようで、依頼をいただくと、めっちゃ光栄に思うんです。マジっす。

初対面の挨拶で交わすものですからね。物としては小さくて儲かるものでもないんですけどぉ、お客様からの評価や信頼を得られているようで。嬉しいです。こんなことを言うと、依頼者の方の「そこまで深く考えて頼んでないけど」〜なんて声も聞こえてくるのは、気のせいだと信じたいですがぁ〜。

名刺の場合、つくり手としてファインワークが大切にしているのは、
持ち主が気に入って使える名刺にすること、ただその1点。

当たり前だろッ!なんてツッコマないでくださいよ〜 言いたいのはですね、やれ、販促効果を高めるために〜とか、インパクトが大切〜とか、印象に残るように〜とか、電話番号がわかりやすく〜とかいろんなこと言って名刺をつくっている人がいますけど、名刺が商談をするわけではないですよね。名刺を出す本人が気持ち良く、テンション上げて相手に差し出せる名刺かどうかが一番大切でしょ!ってことなんです。

要は持ち主が、自分の名刺に何を求めているかということが重要になり、求めているものを叶えられたものが、気に入ってもらえる名刺になり、その人のビジネスに役立つ名刺となるんです。

受け取る側からすれば、面白い名刺は、へぇ〜だけで終わるし、本人のイラスト入ってても、イラスト入りが生理的に好きになれない〜なんて人もいてビックリだし、カッコいい名刺は、連絡先がわかりにくいなぁ〜なんてことになったりするし、QRコードかざすのめんどくさい〜なんて気持ちが顔に出たりで〜笑。

渡す側が、初対面で相手の心をほぐしたいと考えるなら面白いデザインにするし、キャラを強調させたいならイラスト入れるし、スマートにビジネスを決めたいなら、カッコいいデザインにするし、どうしても見せたい写真があるならQRコードも入れますよってなことでして。

肝心なのは名刺を渡した後の次の一手となる、渡す側のアクションであって、名刺そのものがビジネスをするわけではないんですから。

相手に気持ち良く差し出せて、
自分に弾みをつけられる名刺であることが大切なんです。

だから、持ち主が気に入って使ってもらうことのできる名刺にすることを第一に考えてつくってます!