ファインワーク FINE WORK

WEBウェブサイト

「 三方よし」近江商人の思想を掲げる、京都の老舗会計事務所。

税理士法人 川嶋総合会計

会計・税務をベースに、心あるビジネスサポートを提供!

1959年、昭和34年開業の川嶋総合会計。開業当初から常に次代の税理士のあり方、あるべき姿を追求し続け、記帳業務だけにとどまることのない、経営をアクティブにサポートできる税理士集団として、実績を積み上げて来られました。群雄割拠な京都の会計事務所・税理士事務所、業界全体を牽引してきた事務所の一つであると言えます。

川嶋総合会計は、数字一辺倒のスタイルではなく、『他人のことでも自分の身になって考えよ』経営理念に掲げるこの言葉の通り、人の心を大切にする業務スタイル。
近江商人が大切にしていた『三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)』の精神で、心の通ったビジネスサポートは、地域貢献が企業の存続・成長に必須とも言える現代社会において、本当に心強い味方となり、数多くの会社から頼りにされ続けています。

経営プランニング、事業再生、事業承継から、増販・増客支援、販促にいたるまで。

見方を変えれば、会計・税務の業務は、経営の管制塔とも言えますよね。様々な事業、その内容において、航空機の運行同様、安全にスピーディーに、効率よく離着陸するために、なくてはならない存在です。しかも全体を把握し、見渡すことができる。であればこそ、司令塔としての役割を担っていくことも必然といえるのではないでしょうか。
そんな管制塔、司令塔の一員と呼べるポジションにいる税理士が、税務代理や税務書類の作成・記帳だけを業務にしているのはおかしい。として、川嶋総合会計では、様々なビジネスサポート事業を行われています。経営分析に始まり、経営プランニング、事業承継、相続対策、事業再生から環境提供、増販・増客支援、販促にいたるまで。経営者としては、否が応でも頼りにしたくなるってもんです。

こんなことを言ったら、年齢的にも怒られるかもしれませんが、川嶋代表は、私がもっとも尊敬できるおじいちゃんです。もし自分が同じ年齢に達した時、あんなに向上心を持ってアクティブに行動できるかどうか考えると、とても自信がないですね。
それに、川嶋総合会計のホームページは、私が起業して日も浅く、事業実績がほとんどない頃に任せてもらえた初めてのホームページです。実績のない人間に仕事を任すのは、なかなかの勇気や器、人を見る目が必要ですよ。今の所、「見る目がなかったわ〜」とは言われたことはないので、ホッとしていますが〜苦笑。
当時は「銀行や企業から羨ましがられたよ〜」なんて言って褒めてもらえたホームページですが、今はOLD感が漂ってしまっているので、そろそろリニューアルしませんか〜?笑