ファインワーク FINE WORK

2005.12.31

011:下を向いて歩くな!

私の娘が私の上司

2005/12/31 11ボス

My daughter is my BOSS

上の娘(社長):3才   下の娘(部長):0才7ヶ月

今回の扁桃腺炎はいつも以上につらかった。
私は生まれながらの大きい扁桃腺もち。

年に何度かファイヤーさせてしまいます。いつも切除を考えるのですが、
扁桃腺にもそれなりの役割があるのだと思うとこれがなかなか・・・

今回、6日間で5kgの減量に成功しました。マジで。
だって自分のツバも痛くて飲み込めないんですから。

今でもノドは痛いです。だから、うらやましがる会長には
この扁桃腺を是非、プレゼントしてやりたい。

そう、体重計で見る限り私は5kg痩せた。間違いなく。
なのに、なぜ、このお腹はちっともへっこまないんだー!!!

っと叫んでる私はほっといて今日の本題はこちら!

【下を向いて歩くな!】

『下を向いて歩くな!』
私が歩きながら、よく自分をしかるフレーズです。

ふと気がつくと下を向いて歩いてます。これは非常にマズい。
下を向いて歩いている人間ってのは後ろから見てもわかります。

その歩き方からでるオーラは外的にも内的にも
ネガティブなものしかもたらしません。

そう、ようはネガティブさの表れなんです。

ネガティブなオーラをまとっている人間に
明るい未来がまってるわけがありません。

下を向いて歩くか否かはあなたの人生を左右する
といっても過言ではないと私は言い切ります。

どんなに落ち込むことや問題を抱え込んだとしても
下を向かず、しっかり前を向いて歩いてください。

それだけで、いくつか解決するはずです。

前から柄の悪いチンピラが肩で風を切って歩いてきても
下を向かず上を向いて目をそらしてください。

(あっと、このとき絶対に上向きで目をあわせちゃいけませんよ
ケンカ買うたるでぇ~の意思表示になっちゃいますから)

下を向くと、怖がって逃げてるイメージを自分自身に
植え付けちゃいますが、上を向いて目をそらせば、

そのチンピラがかわいそうに思えてくるものです。

話がへんなとこにいっちゃいそうですが、とにかく
前を向いて歩いてください。

それだけで人生の明るさは変わってきます。

社長は、ドングリを探すとき以外は下をみながら歩きません。
常に前をみて歩き、自分の目の前の発見に突進していきます。

まぁ、そのおかげで、よく転んで泣くし、
道路をわたるときも気が気じゃないんですけどね。

そうそう、歩くと言えば、「自分の道をあるくのだ!」
ってフレーズのジョージアンですかね。

http://www.georgia.jp/georgian/index.html

■編集後記

今年は私にとって、本当にいい出会いがたくさんあり、

いい力をたくさん身につけられた年でありました。

「スキルアップのための辛抱の年」なんて占いの言葉を信じて

年のはじめから黙々と勉強も頑張っていました。

そして来年は開花の年だと私は勝手に思っています。

このメルマガも10月中頃からですので、まだ2ヶ月半ですが、

おつきあい頂き本当にありがとうございます。

来年は、社長・部長・会長に翻弄されながらも、

SEO(サーチエンジン最適化)に関してやメルマガに関してなどの内容も

多彩におりまぜながら、おおくりしていきたいと思っていますので

どうぞ、来年もよろしくおねがいいたします。

それではみなさん、どうぞ、良いお年をお迎えください。

 

《 私の娘が私の上司 》

□ 発行 : ファイン
□ 編集 : 鈴木一貴
□ サイト: https://finework.jp