ファインワーク FINE WORK

2006.06.21

025:アクセスアップ 1

私の娘が私の上司

2006/06/21 25ボス

My daughter is my BOSS

上の娘(社長):3才   下の娘(部長):1才

ハイハイから5歩、10歩けるようになった
部長のテリトリーは恐ろしいほど広がりをみせ、

目を離した一瞬の隙が命取りになることが多々ある。
特に食事時は、ご飯をよそっているあいだにおかずをひっくり返すし、

みそ汁を装っているあいだにお茶をこぼしてくれる
食卓からどれだけ遠ざけても、「まんま!まんま!」と

テーブルに突進するありさまだ。そんな部長が
ひっくり返すのは、なぜいつも私の器なんだー!

って叫ぶ私はほっといて、今日の本題はこちら!

【アクセスアップ1】

前回、ブログか検索エンジンに引っかかり易いのはなぜなのか?
を簡単に説明できればいいです。なんて言っていたので、

簡単に説明します。それは、「テキスト情報が多い」からです。

「な~んだ、そんなこと、、、」なんて言わないで下さい。
意外とこれをわかっていない人が多いんです。

検索エンジンに引っかかる事だけを考えれば、WEBサイトの
ビジュアルや出来映えなんて関係ないんです。どうでもいいんです。

文字情報の量が大切なんです。もっといえば、
一面文字だけのページでもかまわないんです。

もちろん、その他にも重要な要素はたくさんあります。
でも、最初のポイントは文字情報なんです。

WEBサイトを検索するときのことを考えてください。
探したいページのキーワードを入力して探しますよね。

ホームページのビジュアルを見ながら探す検索サイトなんてないでしょ。
Yahoo! や Google などの検索エンジンシステムを簡単に説明すると、

スパイダーと呼ばれるソフトウェア(ロボット)が
世界中のWEBページを巡回し、文字情報を収集・分類し、

データベース化する。そのデータベースをもとにして
ユーザーに検索サービスを提供しているんです。

だから、ブログは引っかかり易い!っとなるんです。
文字情報がどんどん追加されていくわけだし、

一つの記事をかくだけで、トップページやカテゴリーページ、RSSと
複数のページが生成されるわけですからね。

だからといって、同じ単語をひたすら繰り返したり、
文字だけのつまらないページや、質の無い文章のページを

だれもみたりしませんから、
この辺が次のポイントになってくるんですが、

アクセスアップ編は長くなりそうなので、
不定期でシリーズ掲載していきます。

「次回はいつに何の!」っと
文句が聞こえてきたような気がしましたが、

気のせいですよね。。。

■編集後記

目にすることが多くなったUSBコネクタ

その目的は電気回路をつなげること。

それ以上でも、それ以下でもない。でも、

その設置場所の発想を転換させると・・・

http://www.dialog05.com/main.html

私が好きなのはブラであることはすぐに承知していただけると思います。

社長はネックレスにしたりするんじゃないでしょうか。

こういったサイトは、久しぶりにSEO関係の資料に目をとおして

カチンカチンになった私の頭を柔らかくしてくれます。

《 私の娘が私の上司 》

□ 発行 : ファイン
□ 編集 : 鈴木一貴
□ サイト: https://finework.jp