ファインワーク FINE WORK

2007.04.30

047:1番

私の娘が私の上司

2007/04/30 47ボス

My daughter is my BOSS

上の娘(社長):4才  
下の娘(部長):1才  
息子(係長)0才3ヶ月
私の嫁(会長):ん才  
私(せめて課長でいたい)32才

やはりゴールデンウィーク、どこか仕事に身が入らない。

Yahoo! で自分の名前を検索してみた。@、

一瞬で犯罪者になった鈴木です。

それならば、ちょい悪どころか、極悪中年になってやる~!

っといっても、社長が楽しみにしているおやつを

だまって食べることぐらいしかできない小心者の私はほっといて、

今日の本題はこちら!

1番

社長も部長も常に一番を目指す。
それが、社長・部長たるゆえんであるように。

愛情をうけるのも1番!おやつをもらうのも1番!
それはそれで子どもらしくいいことだ。でも、

もらえるおやつは同じなのに、2番目だとそのおやつの味が
落ちるかのように意気消沈してしまうこともしばしば。

なんでもかんでも、1番を目指すバイタリティは見習わなくては
とも思うのだが、2番目、3番目でも、愛情もおやつの味も

同じだということは教えていかなくてはいけない。
というより、だんだんと学んでいくことなのだろうけど。

2番目に滑る方が良く滑るといったスベリ台があれば滑ってみたい。
自分の背の何倍もある高さのスベリ台で我先にと滑っては怪我をする。

物事に応じて、自分自身が何番になるのがいいのかを
考えられる大人になってほしい。

日本で1番高い山は?   富士山
日本で1番大きい湖は?  琵琶湖

じゃ~2番目は?じゃ~3番目は?
じゃ~10番目は?じゃ~・・・

2番目さえ、答えられない大人がほとんどだろう。
そして、1番じゃない方が緑も水も奇麗だったりする。

編集後記

月末連日、時間ギリギリのメルマガ発行でも月2回の発行には変わらない。

っと、誰にともなく言い訳する私。・・・

なんでも1番がいいに決まってるのに、

順番がどうのこうのという私は、順番を競うのではなく、

アイデアを競う広告という仕事がやはり好きなのかもしれない。

http://www.pronetadvertising.com/articles/creative-advertising-that-makes-you-look-twice.html

 

《 私の娘が私の上司 》

□ 発行 : ファイン
□ 編集 : 鈴木一貴
□ サイト: https://finework.jp